サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
The World of Hayashi

2010年05月31日

小鼓の調べ作りに挑戦!

鼓たち.jpg
鼓打ちとして楽器がどの様に作られているのかを知らないのは恥ずかしいですし、自分の目で作業工程を見て、実際に作ってみたいと長い間思っていました。
なかなか機会が無かったのですが、念願叶い、先ずは調べ作りから学びたいと思います。

私が鼓を習い始めた頃の調べの質感と最近のものが違う様に感じていました。
勿論、調べにも幾つかランクがあるのですが、それだけの理由ではなく採れる素材自体がたった十数年の間でさえ変わってしまったのではないかと。

京都の山下慶秀堂さんの調べをいつも使わせて頂いていますが、今回初めて工房を訪ねました。
急にお電話したにも拘らず、快く迎え入れて下さったのは宗家5世家元、調べ緒作家の山下雄治さんと、頼もしいお弟子さん!(お名前を聞きそびれてしまいました・・・)


麻1.jpg
調べの素材は麻です。山下さんは栃木県の鹿沼のものを使われているそうですが、最近は中国のものも選んで使っていらっしゃるそうです。夏(7月頃)の時期に収穫して、水に浸しておき、腐る直前にすっと抜くと繊維が綺麗に取れるそうです。そうして乾燥したものがこの写真です。
半分に折って結わいてあるので実際にはこの倍の長さ、約150cm位あるそうです。麻ってそんなに大きくなるのですね!
この状態ではぱりぱりとした硬い感じです。


麻2.jpg
質の良いものを選んで、小分けにして水に浸します。柔らかくなったら機械で叩きまた水に浸します。この作業を1週間位繰り返すと、繊維もしなやかになって来ます。
再び乾燥させて、小鼓、大鼓、太鼓、大太鼓・・・とそれぞれ作りたい調べの太さに合わせて更に小分けにします。


綯う.jpg
端を釘に引っ掛けて、いざ調べを縒り始めます。調べは「綯う(なう)」と言うそうです。
左手に二本とも乗せて右手で押し出す様に滑らせます。
もうこの時点では麻は柔らかい繊維になっていました。


綯う 手元.jpg
奥の調べを手前のものと入れ替えて同様に手の上を滑らせて行きます。
綯っている途中、手の感覚で調べが細くなり始めたかなと思ったら、小分けにしている一束をジョイントして更に進めて行きます。一束は後ろの台にくるくると丸まっているものです。太鼓、大鼓は更にこの一束が太くなっていきます。
段々慣れて来てリズム良く進められる様になりましたが、繋ぎ目が難しく、上手に新しい所を包み込んで隠しながら一体化させていくのに苦労しました。

山下さんには「笑いながらやっているときの方が上手く出来ているね!」と励まして頂きながら・・・
あまり真剣になり過ぎると引っ張る力も強くなり、どんどん細くなってしまって却って良くないようです。

適度に手を湿らせながら綯っていくのですが、手の湿度は人それぞれですが体調にもよるようで、山下さんは調子の良い時には朝から分かるそうで、全く濡らさずとも自然と程良い手の湿度の日は、どんどんはかどるそうです。
私は度々湿らせていました・・・


完成.jpg
予想以上に時間が掛かりましたが、無事に完成しました!
結構頑張りましたね!!小さい頃から細かい作業をずっと続けている子供だったようで、こんな所でその性格が活かされるとは(^.^)


染め.jpg
お二階では午前中に染色された調べを干していらっしゃいました。
鮮やかな朱色ですね!!
私のも染めて送って下さるそうで、楽しみです。


調べ掛け.jpg
山下さんがお作りになられた調べを掛けさせて頂き、実際に打ってみました。
楽器を取るためにすっと調べに触れると、何とも言えない心地良さです。
しっとりとしていて、まるで絹の様なするっとした肌触りです。
思わず「気持ち良い〜!!!」と声を上げてしまいました。そんな感想は初めてだとか・・・
余りの気持ち良さに調子に乗って時を忘れて打ち続けていました。

小鼓は一音一音打つ度に、左手で調べを握ったり放したりして音色を変化させています。
皮の張力を調整している大切な役目を担う調緒。滑りが悪くては良い音を作り出すことが出来ません。

小鼓の中で、調べだけは新しいものを使います。
良い素材が無いと良いものをが作れないと仰っていた山下さん。疑問をぶつけてみると、矢張り在来種の栽培が規制されていて、品質が劣っていると残念そうに答えて下さいました。

19歳の時にたまたまお家に修理にいらしたのがきっかけで、先代に弟子入りし、5年後には師匠を亡くしてしまいますが、その後家元を継がれ様々な障害を克服しつつ素晴らしい調べを作り続けられてこられました。独立された兄弟子たちも廃業された方も数多くいらっしゃると伺い、心配したのですが、目下修行中?の頼もしいお弟子さんがいらしたので安心しました。しかも女性なので、益々嬉しく思います。
調べを作られる方が居なくなられては、鼓を打つことが出来ません。これからも磨き上げられた技術を伝承していかれる山下さんの目はとても輝いていらっしゃいました。

日時: 00:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

2005年12月25日

囃子とは

 能・狂言・歌舞伎・長唄・寄席など、日本の各種芸能や各地のお祭りで、拍子を取ったり、雰囲気を作り出すために、楽器や声を用いて演奏される音楽を囃子という。 ここで取り扱うのは主に日本の古典音楽に使われる打楽器および笛である。
 その歴史は古く、縄文・弥生時代にすでに使われていたことは出土する埴輪からも推量できる。
 現在使われている打楽器は、主に6~7世紀頃、朝鮮・中国から外来文化と共に伝わったと考えられる。14~15世紀に「能楽」が成立すると、能楽囃子が確立し、小鼓・大鼓・太鼓・能管と謡いだけですべての音楽的表現をする類いまれな形式が完成した。
 17世紀の初め、「阿国(おくに)歌舞伎」が発生し、次第に能楽囃子を採り入れ、時代が下って三味線の導入と共に、大太鼓・篠笛・仏教楽器等も加わって「歌舞伎音楽」が確立された。

日時: 12:14 | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

楽器について

笛.JPG


「能管」(のうかん)
 雅楽で用いられる龍笛(りゅうてき)という横笛が、室町時代に、能舞台で響くように改良されて生まれた。
 強く鋭い音を得るために、竹を縦に割って裏返し、竹の表面を内壁にしている。また、歌口と歌口に最も近い指孔との間の管内部に「喉(のど)」という小さな竹管を仕込み、あえて旋律を調えず、メロディーよりもリズムを主にした奏法に特色があり、幽玄の世界、象徴的な風姿を表すのに適している。
 また、楽器によって、長さも指孔の間隔も異なるため、1本1本音程が違う。


「篠笛」(しのぶえ)
 篠竹を使っているので篠笛と呼ばれている。 
大和時代に成立した古い歴史を持つ横笛で、祭囃子などで用いられていたが、江戸時代になると次第に長唄・歌舞伎にも取入れられ、演奏されるようになっていった。能楽では用いられていない。
 構造は単純で、篠竹に歌口と指孔を7つ開け、中に漆を塗ったただけのものであるが、表面にも漆を塗ったものもある。
 篠笛は旋律を担当するので、共演する唄や箏、三味線等の楽器の音と調子(音階)を合わせるため、長さ60センチ程の1本調子から、30センチ程の12本調子までの音階の違う笛が必要となる。各調子に付き2本から4本の少しずつ調子の異なる笛があるため、計20本から40本を揃えて、その都度使い分けて演奏している。
ただし唄に合わせる時は非常に低音である1本調子や2本調子、及び、非常に高音である12本調子は滅多に使われることは無い。

日時: 12:02 | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

楽器について

太鼓 赤.JPG


「太鼓」(たいこ)
 神楽でも用いられる。推古天皇の時代に朝鮮半島より伝来したと考えられており、やはり室町時代に発達した。
 胴は欅(けやき)、栴檀(せんだん)、松の良材を手作業でくり抜き、表面には美しい漆蒔絵が施されている。
 牛革を用い、表皮の表には中央に鹿革の「撥皮」を張り、裏の中央にも同様に「裏張り」を張って、振動の調和を図る。裏皮には何もしない。
 麻製の紐(調べ)で胴と皮をしっかりと組み、さらに横調べできつく締め上げる。
 「テレン」と称される台に乗せ、檜製の太撥と細撥で打つ。能楽では太撥のみ使用する。

日時: 12:00 | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

楽器について

大鼓 赤.JPG


「大鼓」(おおつづみ)
 「おおかわ」とも呼ばれる。小鼓と同様、平安時代から演奏されており、室町時代に発達した。
 胴は桜または花梨等の良材を手作業でくり抜き、表面には美しい漆蒔絵が施されている。小鼓よりやや大型である。
 成馬の丈夫な表・裏2枚の革を、麻製の紐(調べ)で胴の両端にしっかりと組み立て、さらに小締を用いて強く締める。
 演奏の際には、炭火もしくは電熱器で2時間程皮を焙じ、乾燥させる。そのため、大鼓の皮は寿命が短く、5、6回使用すると廃棄する。
 奏者は、左手で調べを持ち、左腿の上にのせ、左手の中指と薬指に和紙で作った指革(指サック)をはめて表皮を打つ。

日時: 11:56 | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

楽器について

小鼓.JPG

「小鼓」(こつづみ)
 「ツヅミ」は元々インドの「dundubhi」から来たとも言われていて、日本には7世紀初めに腰に下げる細腰鼓が伝わり『伎楽』に用いられた。奈良時代には様々な種類の鼓が大陸より渡来し、『雅楽』の楽器として用いられるようになっていった。
 その後日本人の感性に馴染むような独自の発達を遂げ、平安時代には白拍子により演奏されていたが、室町時代の『能』の確立と共にその音楽でも中心的楽器となった。その後『歌舞伎』が成立すると、三味線音楽と共に演奏されるようになっていった。

 胴は桜の良材を手作業でくり抜き、表面には美しい漆蒔絵が施されている。その寿命は長く、何百年と打ち継がれて行く。
 幼馬の皮で作られた表・裏2枚の革を、調緒と呼ばれる麻製の紐で胴の両端にしっかり組み立てる。 
 奏者は左手で小鼓を持ち、右肩の上に構え、右手で表革を下から上へと打ち上げる。左手は横調べを締めたり緩めたりすることで音を数種類変化させている。
 
 また小鼓は湿気が必要で、演奏前に革に息を吹きかけたり、調子紙と呼ばれる和紙を貼り音色を調える。極めて繊細な日本独自の打楽器であり、百年以上、何世代にも渡り打ち込むことで、良い小鼓の音色となる。

日時: 11:52 | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ