サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
The World of Hayashi « 楽器について | メイン | 囃子とは »

2005年12月25日

楽器について

笛.JPG


「能管」(のうかん)
 雅楽で用いられる龍笛(りゅうてき)という横笛が、室町時代に、能舞台で響くように改良されて生まれた。
 強く鋭い音を得るために、竹を縦に割って裏返し、竹の表面を内壁にしている。また、歌口と歌口に最も近い指孔との間の管内部に「喉(のど)」という小さな竹管を仕込み、あえて旋律を調えず、メロディーよりもリズムを主にした奏法に特色があり、幽玄の世界、象徴的な風姿を表すのに適している。
 また、楽器によって、長さも指孔の間隔も異なるため、1本1本音程が違う。


「篠笛」(しのぶえ)
 篠竹を使っているので篠笛と呼ばれている。 
大和時代に成立した古い歴史を持つ横笛で、祭囃子などで用いられていたが、江戸時代になると次第に長唄・歌舞伎にも取入れられ、演奏されるようになっていった。能楽では用いられていない。
 構造は単純で、篠竹に歌口と指孔を7つ開け、中に漆を塗ったただけのものであるが、表面にも漆を塗ったものもある。
 篠笛は旋律を担当するので、共演する唄や箏、三味線等の楽器の音と調子(音階)を合わせるため、長さ60センチ程の1本調子から、30センチ程の12本調子までの音階の違う笛が必要となる。各調子に付き2本から4本の少しずつ調子の異なる笛があるため、計20本から40本を揃えて、その都度使い分けて演奏している。
ただし唄に合わせる時は非常に低音である1本調子や2本調子、及び、非常に高音である12本調子は滅多に使われることは無い。

日時: 12:02 | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/68

コメント

自己紹介もせず尋ねてすみません。
お笛もされるんでしょうか?すごいんですね!

いずみ様
こちらにも書き込みをして下さっていたのですね。気が付かなくてすみません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

   

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ