サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
The World of Hayashi « 楽器について | メイン | 楽器について »

2005年12月25日

楽器について

太鼓 赤.JPG


「太鼓」(たいこ)
 神楽でも用いられる。推古天皇の時代に朝鮮半島より伝来したと考えられており、やはり室町時代に発達した。
 胴は欅(けやき)、栴檀(せんだん)、松の良材を手作業でくり抜き、表面には美しい漆蒔絵が施されている。
 牛革を用い、表皮の表には中央に鹿革の「撥皮」を張り、裏の中央にも同様に「裏張り」を張って、振動の調和を図る。裏皮には何もしない。
 麻製の紐(調べ)で胴と皮をしっかりと組み、さらに横調べできつく締め上げる。
 「テレン」と称される台に乗せ、檜製の太撥と細撥で打つ。能楽では太撥のみ使用する。

日時: 12:00 | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/67

コメント

太鼓は先生の演奏を拝見しまして、感激致しました。

一度稽古付けて戴きたいものです。

有難うございます。太鼓は未だ未だでなかなか上達致しません・・・

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

   

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ