サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
Blog « 後2日です | メイン | 寒山拾得 »

2010年05月02日

歌舞伎座閉場式当日

緞帳2.jpg
2日間徹夜されて当日券を求められた方も居たそうです。
お名残惜しい歌舞伎座・・・
誰もがそれぞれの思いを胸に、幕が上がる前から興奮した空気が漂い、いつもの歌舞伎座とは全く違う場所のようでした。

この緞帳も今日が最後なんですね・・・
藝大の先生、中島千波先生の作品です。 

立方幹部による『都風流』
素踊りで、それぞれ異なる色無地なのですが、役者さんの個性に合った、「これぞ日本の伝統色!」と言う上品なお着物で、お揃いの袴がキリッと引き締まっていました。
お一人で踊られたり、連舞いにされているところもあり、最初で最後の華やかな『都風流』でした。
これだけの役者さんが揃って素踊りをされるのを初めて拝見したので、本当に個性が際立ち、面白かったです!!

次は女形幹部による『京鹿子娘道成寺』
5人で踊り分けられるとは伺っていましたので、引抜きの度に替わられるのかと思っていたら大間違いでした。
道行は福助さん。途中、スッポンから同じ黒の着付けで玉三郎さんが登場され、二人道成寺の形を取り、所化との問答は福助さん。
「花の外には」からは時蔵さん。とても上品な踊りでした。
長い乱拍子と急ノ舞も拝見したかったです!
衣装を引抜き、毬唄になると下手から玉三郎さんが登場し、福助さんも加わり華やかな毬つきです。
玉三郎さんの袂の使い方は流石ですね!!とても勉強になります。

全員引込み、「梅とさんさん」は芝雀さん。振出し笠のところは短くてあっという間です。
でも薄いピンクに紫の鹿の子の雲模様のお衣装がとても綺麗でした!

「恋の手習い」の口説きはやはり玉三郎さん。恋する女心をしっとりと表現され、うっとりです・・・
好みは色々とあると思いますが、玉三郎さんは周りの空気をも支配して一緒に動かしてしまう素晴らしい方だと思います。
途中から少し濃い藤色の福助さんが加わり、男女のやり取りを二人で表現されます。

「山尽くし」は時蔵さん、芝雀さんに始まり、玉三郎さん、福助さん、魁春さん総出演の艶やかなカッコの踊り。
「只頼め」は魁春さん。引抜いて薄墨桜の衣装になると再び玉三郎さんが出て、鈴太鼓の踊り。ここの中でぺたんと可愛く舞台に座られる姿と、最後の「花の姿の乱れ髪思えば恨めしやとて」の鐘を見ながら豹変していく玉三郎さんの表情はたまりません!!

そして最後の最後は鐘の上に玉三郎さん、魁春さん、台に時蔵さん、芝雀さん、一番下が福助さんと正に5人の花子が蛇の形となって鐘に纏わり付くと言う見事な演出でした。
これぞ閉場式ならではの道成寺です。


千波先生.jpg
興奮状態の侭、ぼーっとしていたら、何と中島千波先生を発見!!
しかも、先生の桜の作品の前に先生が座られるのはとても珍しいので、1枚撮らせて頂きました♪
流石に色々な方がお見えになられていらっしゃいます。


あと1日.jpg
本当に今日が歌舞伎座とさよならなんですね・・・
沢山の夢を見させて頂きました。
今の私があるのも、間違いなく、この歌舞伎座でお芝居を観ていたからです。
有難うございました。
2年11ヶ月で新しい歌舞伎座が誕生するそうです。
皆様と楽しみに待ちたいと思います。

日時: 18:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/605

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

   

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ