サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
Blog « 芸と技の違い | メイン | パワフル! »

2008年05月06日

ばら.jpg
ある狂言の先生は、お父上にこのように育てられたそうです。
出来なかったら叩かれる。出来たら「今のを忘れるな!」と叩かれる。
自分で今日の出来は良かったなと思っていると、「お前は今出来たと思って慢心しているだろう。
慢心したらこの先どうなる!」と言って当時の名立たる役者の名を挙げてまた叩かれた。

この先生は8歳の頃から稽古を始められたそうですが、このように非常に厳しく教えられたそうです。
ある時この道に進むのは辞めようと思ってお父上にその話をすると、
「分かった。先祖代々の墓に行ってそのことを報告して来い。」と言われたそうです。
お墓に行き、ご先祖様にご報告しているうちに、やはりこの道に進もうと心を入れ替えられたそうです。

この先生のお父様は養子に入られてこの道を継がれたそうなので、とても大変なご経験をなさっていたからこそ、厳しく教育されたのでしょう。

家を背負う者には、自分1人ではなく代々の歴史と伝統を背負う苦しさが、家の無い者には土台のない所から這い上がって行くことの苦しさがそれぞれあります・・・

自分に無いものを持っている人をとても羨ましいと思うのは人間ですから当たり前ですよね。
でもその人にもまた悩みはあり、人それぞれ立場が変わればその悩みも様々です。
そんなこと分かっていても羨ましく思ってしまいます・・・

でも、自分と同じ環境で同じ経験を積み、同じ感性を持って色々なことを学び、同じ人に出会い、同じ人生を歩んできた人は居ません。
その人なりの、その人ならではの花を咲かせることが出来るはずです!

私も、私ならではの道をいつか見つけられれば・・・と思って今は自分を磨くことに専念します!
まだまだ学ぶことばかりです。

日時: 17:51 | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kaho.jp/MT/mt-tb.cgi/391

コメント

その人なりの、その人ならではの、花を咲かせることが出来るはずです! 感銘しました。私にだって、こんな私にも、慕ってくれる弟子がおります。私の経験で、私にしかできないことを、伝えていきたいと、頑張っていますよ。

お互いに頑張りましょう!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

   

トップページへ戻る

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ