サイトマップ お問い合わせ
Biography discography Schedule Lessons The World of Hayashi Blog
藤舎花帆 写真
藤舎花帆
学歴:東京藝術大学大学院 音楽研究科 博士課程 邦楽囃子専攻修了
    邦楽囃子を含む三味線音楽系統で初めての博士号を取得

藤舎流囃子方:藤舎流家元、6世藤舎呂船師より藤舎花帆の名を許される。

長唄協会、真しほ会、青濤会会員、横浜国立大学非常勤講師。

在学中、安宅賞を受賞し、サントリーホール主催、デビューコンサート『レインボー21』に出演。
三笠宮崇仁親王の日本舞踊地方を務める。
博士学位授与審査演奏会では「安宅勧進帳」を女性として初めて全曲演奏し、学位を授与される。

博士リサイタルでの演奏が好評につき、サントリーホール主催コンサート及び台東区フレッシュコンサート『極楽邦楽』にて藤舎流で重い曲として大切にされている器楽曲「猩々意想曲」を演奏。

オペラ「あだ」(三木稔作曲)、「レクイエム」(三善晃作曲)では、オーケストラと共に演奏。
小椋佳の歌綴り『ぶんざ』に参加。

カナダ、Banff Festivalに招かれ、定期的にコンサートを行う他、世界から集まったミュージシャンとの即興によるレコーディング、及びレクチャーを行い、邦楽の紹介に努める。

国際交流基金の派遣で、琵琶の上原まりスペイン、ルクセンブルグ公演に参加するなど、海外の日本大使館、各国の在日大使館でも演奏。ボストンシンフォニーオーケストラのオーボエ奏者やフルート奏者達とボストン郊外で室内楽を行うなど、文化交流も大切にしている。

クラリネットフェスティバルでは新日本フィルの首席クラリネット奏者、山本 正治と共演、木曽音楽祭では鼓とオーボエのための〈舞IIIa〉を新日本フィル首席オーボエ奏者、古部賢一と演奏するなど、洋楽器とのコラボレーションも積極的に行う。

初リサイタルでは『源氏物語』を取り上げ、自作の曲を演奏、また緒川たまき、岡橋和彦、中西和人の一人芝居『平家物語』、城谷小夜子の『大経寺昔暦』(近松門左衛門作)など、古典文学の世界を音で表現することにも挑戦。

野村万之丞演出の『復元・阿国歌舞伎』を阿国歌舞伎発祥の地とされる四条河原特設舞台及び、国立能楽堂で行う。

NHK教育テレビ『いろはに邦楽』『音楽のちから』に出演。
NHK『ラジオ深夜便』では「鼓の世界を未来へ」と言うタイトルでパーソナリティーを務める。

Kaho
藤舎花帆 Tosha Kahoページ 麻生花帆 Aso Kaho ページ